放射線治療で癌は治せる|新しい治療法を試してみよう

医者

諦めないでください

女性

知ることが予防

癌は近年の日本で、一番罹患率が高い疾病とされてきました。血液の癌という別名を持つ、悪性リンパ腫も例外ではありません。体調が優れずに病院で調べてもらったら、悪性リンパ腫だったという罹患者が増えてきているのです。他人事では済まなくなっているこの疾患について、知識を増やすことも予防の一つになります。どうしたら予防できるのか、また早期発見が完治へとつながるので、悪性リンパ腫に関することを知ることで自分の命を守ることになるのです。

健康診断時の血液検査

40歳は体力が一気に落ちる時期でもあるので、特に気をつける必要があります。まだ大丈夫だと考えずに、40歳手前くらいからの定期的な診断や血液検査を積極的に受けましょう。最近は癌検査だけでなく、通常の健康診断時の血液検査でも悪性リンパ腫を、発見できるようになりました。おそらくは通常の健康診断時の血液検査で何らかの異常が、出たとすると精密検査をすすめられます。この時に、面倒くさがって精密検査を受けようとしない人が多くいるのです。しかしこの時に、精密検査を受けるかどうかが生死の分かれ目になるとしたらどうでしょう。早期発見が早期治療につながり、完治するかどうかも決定してしまうのです。治療方法も、手術療法、化学療法、放射線療法など色々あるので、症状の進行具合でその対応は変わります。さらに悪性リンパ腫は、実は固形癌よりも良好な治療成績を得ています。診断で悪性リンパ腫と告げられても、絶望する必要はなく生存率は高いのです。