放射線治療で癌は治せる|新しい治療法を試してみよう

医者

寝ている間に呼吸が止まる

病棟

不調の原因になる

睡眠時無呼吸症候群はその名前の通りに睡眠中に呼吸が止まってしまうことです。ずっと止まってしまうわけではなく、数秒〜数十秒の間呼吸が止まったかと思うと、再び呼吸が始まります。10秒以上の呼吸の停止が7時間の睡眠中の30回以上、もしくは1時間に5回以上あれば睡眠時無呼吸症候群と診断されます。眠っている間のことで朝目が覚めれば会社や学校に行ったり家事を行うことが出来ていれば問題ないのではないかと考えてしまいがちですが、睡眠時無呼吸症候群は昼間の活動中に眠気をもよおしたり倦怠感が起こります。さらに性格が変化してしまったり幻覚を見てしまったり、呼吸の回数が減少することで全身の臓器に巡る酸素の量が低下してしまうので、低酸素による障害が起こってしまうこともあります。

治療をきちんと行おう

睡眠時無呼吸症候群はきちんと病院で検査を行い、適切な治療を受けることが重要です。症状を緩和させる対処療法と、原因を改善していく根治治療を患者一人ずつの状態に合わせて行っていくことになります。さらに喉や首の周りの脂肪が気道を圧迫していることも睡眠時無呼吸症候群の原因となっているため、肥満改善のための生活習慣の改善も同時に行っていく必要があります。しかし喉や首周りの脂肪だけではなく様々な要因が複合的に絡まって睡眠時無呼吸症候群を引き起こしている場合には投薬や手術なども視野に入れて治療を行っていかなければいけません。治療を始めたらすぐにでも改善するというわけではなく長い付き合いになる病気のため、主治医や家族との信頼関係を築くことが重要になります。